いつまで使えるのか知りたい|給湯器の寿命って?

買い替え時期を考える

湯沸かし器

故障したら買い替えますか

一般的に給湯器を買い替える基準というのは故障してメンテナンスをしても費用が高額、もしくは修理不可能の場合に考えることが多いのではないでしょうか。企業側としては修理部品の保有年数がだいたい10年くらいでそれを過ぎると部品の供給をしなくなり、部品が必要な修理の場合10年を過ぎると部品の供給が終わって修理ができず買い替えを勧められます。だいたい給湯器の寿命は10年前後と考えてもよいのではないでしょうか。もちろん使い方や設置場所などで寿命は変わることもありますのでそれよりも短かったり長かったたりすることもあります。最近では家電でも同じことが言えると思うのですが使い続ければよいというわけではなく、買い替えることによってメリットがあることもあります。

どんな器具も省エネ対応

それは給湯器などの器具も同じで最近では省エネ対応されている器具が多く販売されています。確かに給湯器は安いものではありませんので、簡単に買い替えるという判断を下すのは難しいことです。しかし10年以上もたっている給湯器と比較すると今販売されている給湯器では全くガス使用量も少なく機能的にも優れており家計にも優しいものが多いのです。そのような考えから寿命をむかえるまで使用するのではなく買い替えをするケースが増えてきてきます。ガス給湯器で言えば特にエコジョーズと呼ばれる商品が従来の商品に比べて省エネで環境に優しく人気のある商品です。今からは使えなくなって寿命が来たから買い替えではなく定期的に買い替えることでより省エネを求める時代になってきています。