いつまで使えるのか知りたい|給湯器の寿命って?

お湯が出なくなったら

給湯器

原因を探る

人間が生活するうえで必要なのは水です。地震などの災害において、飲み水はもちろんのこと、お風呂やトイレなど、実にさまざまな形で水が必要なんだと気づかされるものです。また、冷たい水ではなく、お湯を出してくれるのは給湯器のお蔭です。お風呂やシャワーでお湯を使う時、急にお湯が出なくなったら非常に困ります。お湯が出なくなったら、給湯器に何らかの原因があることは間違いがありません。修理を依頼する前に、どの部分に原因があるのか探ることも必要です。コンセントが抜けているなどという簡単なものであれば、自分でも解決ができます。修理の依頼であれば、エラー表示などが出ていないか確認することも大切です。エラーの内容がわかれば修理も早く解決します。

ガスの原因か

ガス給湯器の場合は、ガス関連が原因のエラーが起こることもあります。ガスの異常の場合は、自分で修理をしようとせず、専門業者を依頼しましょう。また、気温低下や寒波などによる凍結が原因のこともあります。一度コンセントを抜き、再度入れてみるのもリセット方法として有効です。それでもお湯がでない場合は、給湯器を購入したメーカーやガス会社に修理の依頼をすることをお勧めします。給湯器の耐久年度は約10年と言われています。もしも古い給湯器を使用していた場合は、修理よりも買い替えや取り替え時期かもしれない場合があります。使用年度を確認し、新しいものに替えることも検討が必要な場合もあります。修理依頼の前に、コンセントやリセットボタンなどを確認しましょう。